合唱はどこで習う?

>

「合唱」なら合唱団?

どこの合唱団に入る?

合唱団の運営方針は、団体によって本当に様々です。
入団の際にオーディションがありハイレベルな活動をしている団体もあれば、地域のみんなで楽しく歌いましょうというレベルの団体もあります。
結局は子ども自身と保護者がどのような目的で合唱をやるのかという考えで選ぶしかありません。

ハイレベルな団体では、遠征や合宿、制服代などで費用がかさむ場合もあります。
お遊びレベルの団体では、その活動内容に満足できない場合もあるかもしれません。
まずはどの程度まで合唱を身につけたいのか、ご家庭での明確な目標や方針を考える必要があるといえるでしょう。
団体の方針が合わないと感じる方もいるようなので、雰囲気を知るためにもいくつか見学してみるのがおすすめです。

合唱団で歌うことのメリット

合唱団でひととおり基礎的な訓練を受けることで、歌全般に関する能力を身につけることができます。
合唱を続けて将来的にプロとして働けるようになる可能性はそれほど高くないかもしれませんが、音楽に興味を持つことで将来の幅が広がることは確かでしょう。
趣味程度のものかもしれませんが、音楽に関わる素質を全体的に引き上げることで一芸として何かに繋がることがあるかもしれません。

また、合唱団で得られるメリットは音楽に関わる能力だけではありません。
合唱団では他の子どもたちとの付き合いが必要なので、社交性を身につけることができます。
コミュニケーションをとりながらみんなで目標を達成させるという感覚を、合唱を通して無意識のうちに学ぶことができます。
将来的にどのような道を歩むことになったとしても、ある程度のコミュニケーション能力は必須になりますので、それを身につけるための場所として最適だと言えるでしょう。


TOPへ戻る